Blogブログ

髪のダメージを最小限にするドライヤー方法!その2

 

髪は濡れている時のにダメージしやすい!

 

力任せにくしでとかさず、手ぐしで優しくほぐしてあげる。

 

ドライヤーは出来るだけ風量が強いものを選ぶと良い!

 

 

https://wp.me/p9M5o8-6Y

 

 

こちらの続き

 

 

前回はドライヤーをする前に気をつけてほしい事をお伝えしました。

 

今回はドライヤーをする時にお伝えします!

 

 

ドライヤーをかける順番とは?

 

 

ドライヤーをする時に何も考えずにかけてしまうと

表面だけがダメージしてしまうので順番を意識するようにしてください。

 

何故表面がダメージしてしまうのか?

 

 

髪の表面というのは

一番刺激を受ける場所です。

 

紫外線が当たり

エアコンの風が直接当たります。

 

 

 

ダメージが一番蓄積しやすい場所なんです。

そんなダメージが蓄積している表面を先に乾かしてしまったら

 

 

他の濡れている所を乾かしている時にも

表面に風が当たり

オーバードライ状態になってしまう!

 

 

つまり内側の髪を先に乾かしてあげる事が大事です。

 

えり足、耳裏、もみ上げの部分から意識して乾かしましょう!

 

 

その後中間⇨表面⇨毛先の順番で乾かしてください。

 

 

ドライヤーをかける時の注意点

 

髪を乾かす時にドライヤーを近づけすぎないように気をつけましょう。

 

 

髪の毛は濡れている時は、60度以上でタンパク質変性を起こします。

乾いている時は、150度くらいです。

 

 

 

 

 

ドライヤーをフリフリしてあげたり

一箇所に当て続けないようにしましょう。

 

 

 

その他にもポイントとしては

*根元から毛先に向って風を当てる!

*濡れてる間はブラシやコームを使わないで、手ぐしで!

*強く引っ張ったり、もつれさせないように!

 

そして

*えり足、耳裏、もみ上げなど内側から乾かす!

*同じ場所に当てすぎない!

*ドライヤーを近づけ過ぎない!

 

 

これらを意識してドライヤーをするようにしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

真実をありのままにお伝えする。

正直な美容師として、どうしたら髪の悩みが少なくなるのか。

日々試行錯誤と学んでいきます。

 

ご予約はこちらからお気軽にお問い合わせください。

https://wp.me/P9M5o8-3k

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。