Blogブログ

髪のダメージを減らすには?

最近ではインナーブリーチやハイトーンのカラーや

ハイライトを入れてパーマをかけてり

毎月毛先までカラーをする。

3週間〜5週間に一度グレイカラー(白髪染め)をする方も少なくありません。

ダメージするからサロントリートメントをしっかりしてツヤツヤ、ツルツルにして帰る。。。

そんなんではどんどん髪がボロボロになってしまいます!

これまでサロントリートメントは髪をダメージさせる原因だとお伝えしてきました。

そして髪を綺麗に保つにはすっぴん髪にする事です。

今回はカラーやパーマ、縮毛矯正をした時にどうケアをしたらいいのかをお伝します。

以前にも書きましたが

薬剤は基本アルカリ剤が入っています。

最近はアルカリが少ないパーマ液もありますが、カラーに関してはpH8〜10、ブリーチだとpH11くらいまであります。

このアルカリがキューティクルやタンパク質にダメージを与える1つの大きな原因になります。

そしてこのアルカリは髪に2〜3週間ほど残留します。

アルカリが髪のダメージになるのであれば早く髪から出てくれればいい話ですよね!

pHコントロールやアシッド、バッファー剤などと言われるものが

アルカリに傾いた髪を酸性に戻してくれる物になります。

しかし 

何でもかんでもつければいいというものでもないのです。

髪のpHは4.5〜5.5が健康な状態と言われています。

この4.5〜5.5よりもアルカリに傾くとキューティクルが開き

逆に酸性に傾けば傾くほど、キューティクルがギュッと閉じます。

アルカリに傾いたからといって

pH3〜2の物をつけるとすぐにキューティクルが閉じてしまい

髪の中まで浸透せずアルカリを除去出来ないのです。

理想はpH5くらいのアシッドをつけて

2〜3分ほど放置してあげる事です。

意外にこれを理解していない美容師もいます。

さらにカラーをする時にほとんどと言っていい程使用する

過酸化水素!オキシドールとも言います。

漂白剤にも使用される薬剤です!

この薬剤も髪に対してダメージをさせる原因です。

このオキシとアルカリを除去してあげる事が大事になってきます!

もしお店にそういった物がない所はあまりオススメしません!

しっかり知識をつけ、正しいケアが出来る所を探した方がヘアデザインを楽しめます。 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。