Blogブログ

ダメージレスカラーやパーマ は信用できる?

 

 

よくオーガニックカラーやノーダメージカラー

もしくはノーダメージパーマと言っている美容室が増えています。

 

 

果たして本当にダメージがしないのだろうか?

 

 

残念ながらダメージがしない事は今のところ開発されていません。

 

 

ダメージを軽減される物に関しては、アルカリやオキシの濃度を下げて
薬剤の反応をマイルドにしているだけなんです。

 

 

つまり髪の色を明るくしたり、白髪をしっかり染めようとしたらそれなりの
アルカリとオキシを高くしなくいと染まりません。

 

 

 

弱アルカリでオキシが低いと明るくならず、ダメージが少なくなります。
毛先に塗るように作られている物が主流になっています。

 

 

 

オーガニックカラーに関しても、日本のオーガニック基準はとても低く
少しでもオーガニック成分が入っていれば「オーガニック商品」と言えてしまいます。

 

ただオーガニックカラーに関しては
オーガニックだろうがケミカルカラーだろうが

 

ダメージはほとんど大差ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり必ずダメージはします。

 

 

パーマも弱いからダメージしない

強いからダメージするとかは関係ありません。

 

薬剤が弱ければ放置時間が長くなり

結局同じくらいダメージしてしまいます。

 

 

 

ダメージレスやオーガニックなどに惑わされないように気をつけてください。

 

 

ダメージを軽減させるには

アルカリとオキシを除去し、強力な皮膜やコーティングをさせないすっぴん髪にしてあげる事です。

 

 

https://wp.me/p9M5o8-52

 

 

真実をありのままにお伝えする。

正直な美容師として、どうしたら髪の悩みが少なくなるのか。

日々試行錯誤と学んでいきます。

 

ご予約はこちらからお気軽にお問い合わせください。

https://wp.me/P9M5o8-3k

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。